No Rain, No Rainbow & No Lomi, No Aloha Life

ちょっと憂鬱に感じてしまうこともある雨。

ハワイには
No Rain, No Rainbow.
という言い伝えの言葉があります。

雨が降らなければ、虹は出ない。

つまり
イヤなことの後には、いいことがある。
という意味で使われます。

また、
ハワイアンの伝統医療の達人はこうも言います。

No Lomi, No Aloha Life.

ロミロミなしには、アロハな日常はありえない。

明るく軽やかに人生を楽しむハワイアンは、全米No.1だったこともある長寿の島民です。

新型コロナによって激変していく現在は、ある意味で人間が様々なことに「気づく」ための時間なのかもしれません。

No Rain, No Rainbow.

No Lomi, No Aloha Life.

今の時代だからこそ、この言葉の意味をかみしめてみたいと思います。

詳しくは下記の記事をお読みください。

No Rain, No Rainbow. No Lomi, No Aloha Life | クウイポロミロミスクール&サロン
ハワイにはNo Rain, No Rainbow.…雨が降らなければ、虹は出ない…という言葉があります。「悪いこと、つらいこと、鬱陶(うっとおしい)しいことが起きた後には、きっといいことがある」といった意味で使われます。withコロナの時代、ハワイ流のアロハライフにどう向かっていくのかを考えます。