ハワイアン・ウェルネス[ロミロミ]について

dvd_hawaii_image006

ロミロミとは、古代から現代までハワイアンの心と体の健康をキープしてきた「癒しの方法」です。ハワイアンは「カラダを揉むこと」と「薬草」で人の機能を正しい状態に保ってきました。これは南太平洋の島々すべてで最近まで…そして現在でも大切に行われ続けています。

現代ではハワイアンマッサージとして世界的にも有名になってきた、ロミロミ。「Lomi・ロミ」とは数あるハワイアンが生み出したマッサージテクニックのひとつ。手のひらで包み込むように揉んでいく技のことです。

さらに「Lomi・ロミ」は「揉む」という動きのすべてをさします。指で揉む、腕で押す、手のひらでさする…といった揉む動作はすべて「ロミ」と表現されます。

「Lomilomi・ロミロミ」は「ロミ」が重なった言葉ですから「揉み揉み」ということになります。ハワイでは「マッサージ」「マッサージをする人」という意味となり、最近では「ハワイアンが行っていた健康を保つための伝統医療」という大きな枠組みでの解釈がされています。

ロミロミの役割と効用

ロミロミは、人が、宇宙や地球にある「生きる力」を調和して取り入れることで体を正常な状態に戻したり維持したりしようとするウェルネスのメソッドです。

この「生きる力」のことをハワイでは[マナ]と呼びます。ロミロミとは「マナを人の体に取り込むための方法である」とロミロミ達人たちは言います。

[マナ]とは、スピリチュアルな力までを含んだ自然のエネルギーのことで、人やイキモノはすべてこのマナで生かされている、というのが古代から伝わるハワイの考え方でした。マナが減ると病気になり、怪我をしたところからはマナが抜けていき、マナが無くなると死んでしまう…これがハワイアンの健康観、死生観でした。ロミロミはこの考え方に基づいて生まれた古代ハワイアンの医療だったのです。

ハワイの伝統医療であり、現代のハワイアンマッサージとしてのロミロミには大学研究機関(ハワイ大学)などから科学的な視点での効果に関するリポートが発表されています。

●筋肉を揉みほぐすことで疲れやコリが軽減
●体がリラックス
●血液やリンパの流れが良くなるため、元気に、そしてムクミが取れたすっきりボディになる
●免疫力が高まり病気になりにくくなる
●なにより気持が良い

などの期待される効果はボディケアマッサージに共通したものです。

そしてハワイの大地に育まれたロミロミには、

●心をもほぐしてくれるリラックス効果
●自然の力をセラピストを通じて注入されるため自然治癒力が高まりやすい
●西洋医学をはじめ、各種療法と相性が良い

といった効果があるといわれています。

ロミロミとは【アロハスピリット】から生まれた

ハワイのロミロミは、ハワイアンの根っこにある「アロハスピリット」から生まれました。

たとえば、雨が来ることを風の匂いで感じ、雨を暖かくやさしいものに感じ、雨をくれた宇宙と大地に感謝する…それがハワイアンの「アロハスピリット」。

昔からハワイアンはこの大地を畏れ、敬い、自分達を守ってくれるものであると信じ続けています。宗教的には自然信仰と呼ばれる進行です。この信仰こそがハワイアンスピリットの原点でもあり、ロミロミの原点でもあります。

もともとの原始的な自然信仰とスピリットは現代日本にも脈々と流れています。たとえば「いただきます」という食事前のあいさつ。自然の命をいただくことで自分たちが生きているのだという「信仰」が今も残っている証拠です。

神様に「食べ物をくれてありがとう」とお祈りするキリスト教などのお祈りとは違い、自然の命に感謝をする気持ちというのは古代のハワイアンと共通したスピリットなのです。だからこそ、日本人の多くがハワイを愛し、ロミロミが日本人に合っている、と言われる原因なのかもしれません。

ロミロミの歴史

古代ハワイ、そしてハワイアンの自然信仰は医療とも関係してきます。病気になった時、具合の悪くなった時、ハワイアンは「神様が怒ったから罰として生きる力「マナ」を抜かれて病気にされた」と考えるようになりました。

そして[マナ]を取り戻すために神に祈りました。

そして王族の病気を治すための神と通じることができる優秀な神官「カフナ」が誕生し、自然と大地を相手に人類への恵みを祈ったり、政(まつりごと)に参加すると同時に、人々の健康を守る役目も背負います。自然と大地に祈り、その力で人間の健康を保つ、もしくは病気のものを治す、という役目です。

「カフナ」は「ヘイアウ」と呼ばれる神殿を中心にこの儀式を行い、また研究や教育を行いました。有名なのはオアフ島アイエアに残るカエカヴァ・ヘイアウです。ここでは多くのハーブが育てられ、癒しのヘイアウとして機能していたといわれています。

ロミロミの原点はここにあります。正式なハワイアンロミロミとはこの儀式のことを指す、という説もあります。儀式は場所によってもさまざまな形をとったらしいのですが、基本的には「カフナ」が祈りをささげ、患部に触ったり、もんだり、手かざしをしたり、温めた石を乗っけたり、木の棒で押したり、ハーブ(草)を煎じて飲ませたりかませたり……、色々な方法を使って治療を行いました。広い意味でのロミロミとは、これら数百とも言われる多種な方法を駆使した医療を指します。

また、この医療の方法は「オハナ・ロミロミ」という家庭の医学としても広く浸透していきます。昔のハワイアンは全員、簡単な応急処置をできたと言われています。

カフナの高度な医療から、オハナロミロミまで、ロミロミは島によっても、師匠筋によっても、家庭によっても様々なロミロミがありました。

しかしながらこの「古代」のロミロミはカメハメハ2世、3世の古代ハワイアンの宗教廃止の際にその原点である宗教の禁止とともに一度捨て去られてしまいます。つまりカフナラアウラパアウ(特殊能力を持つ医者)の世襲制度もここで途切れてしまいます。

それを再び蘇らせたのがアンティマーガレット女史。最近では様々なロミロミが様々な形で甦ってきており、ハワイでは正式な民間医療としてとても大切にされています。

ロミロミについて知りたい方はこちら↓